茨城朝日媒体案内

広告出稿の案内

朝日新聞購読申し込み

アート/ステージ情報

|アート情報|ステージ情報ムービー情報

 

七字純子パステル画展Sweet Garden/草木染うさとの服

[期間] 3月26日まで/30日〜4月1日
[会場] ギャラリーしえる(水戸)TEL.029(241)5696
七字─ではパステルで描いた新作の「花シリーズ」を中心に約15点を展示。

 

気品漂う美しさ「黒柿の木芸」展

[期間] 3月27日まで
[会場] 工芸ギャラリー一草一花(水戸)TEL.029(224)1218
木工家の岡英司が主宰する工房「おかや木芸」(島根県)による作品展。茶筒、茶托(たく)、食器、花器、文具、アクセサリーなど約250点を展示。

 

第24回 田村勉 油絵展〜四季の花々・筑波叙情/森千鶴子 七宝展〜花・草・実…◆八木天水 桜花展〜彩密和紙絵、日本の心を桜で描く/琥珀と蒔絵の一期一会(であい)展

[期間] 3月23〜29日/3月30日〜4月5日
[会場] 京成百貨店6階アートギャラリー(水戸)TEL.029(231)1111
森―では、笠間市在住の森が有線七宝の技法で制作した香炉、ボンボニエール、額絵、アクセサリーなどを展示。琥珀―では、京漆器伝統工芸士の廣瀬幹夫が制作したペンダントトップ、帯留、ブローチ、イヤリング、指輪などを展示。

 

第6回 NHK文化センター水戸 スケッチ/デッサン/水彩画講座&関アートスクール・デッサン塾 作品展◆第12回 翠芳会 水墨画展

[期間] 3月24〜29日/4月7〜11日
[会場] 県民文化センター2階一般展示室(水戸)TEL.029(241)1166
第6回―では、関徹が講師を務める各絵画教室の生徒が制作した油彩、水彩、デッサン、スケッチ画など約200点を展示。第12回―では、同会メンバー35人が制作した軸装12点の他、風景画など約70点も展示。

 

茨城県日独文化協会創立30周年記念 シーボルト博物館(ヴュルツブルグ) 独日文化交流 帰国展

[期間] 3月30日まで
[会場] 常陽藝文センター1階藝文プラザ(水戸)TEL.029(231)6611
Peter Picciani(木)、Eva-Luna Warmuth(デッサン)、井上壽博(陶磁)、井上英基(同)、中川祐聖(刻字)、中山青空子(書画)が、同館で14年に開催された文化交流展に出品した作品の他、新作も展示。

 

天衣無縫の異色作家〜佐藤勝彦 展

[期間] 3月28日〜4月5日
[会場] ギャラリー加古(水戸)TEL.029(255)6005
奈良、三重、石川を拠点に制作活動をしている佐藤の墨彩画、書、軸、陶器、油絵作品を展示。

 

第7回内藤省三絵画展 「ふるさとを描く」

[期間] 4月1〜15日
[会場] ミネルバ(水戸)TEL.029(226)8688
同市の画家・内藤省三が描いた自身の生家や故郷の景色の油彩画を展示。

 

第12回 ちぐさ会小品展

[期間] 3月24〜30日
[会場] アートスペースナカタニ(ひたちなか)TEL.029(275)0133
浅野光正、須藤文夫、荒井忠司、高橋美萠、佐久間淑子、高畑さた子、佐藤京子、松実典子の油絵作品を展示。

 

Specimens 葛迫大祐 個展

[期間] 4月2日まで
[会場] ぎゃらりーマドベ(ひたちなか)TEL.090・8009・0369 黒澤
彫刻家の葛迫が、木を使って骨の形をモチーフに制作した立体作品を標本に見立てて展示。

 

サザ・コレクション インドネシアの織物展

[期間] 3月29日〜4月3日
[会場] ギャラリー・サザ(ひたちなか)TEL.029(274)1151
多様な文様と極彩色の刺繍(しゅう)、絣(かすり)、絞りを施した布地=写真=を展示。1日午前10時〜正午に、日本インドネシア服飾文化協会理事長の渡辺万知子さんと同ギャラリー館長の鈴木誉志男さんによるトーク(先着30人、1200円、コーヒーとケーキ付き、要申し込み)も。

 

おおやぎえいこ個展「ねこてん19 にゃーにゃー村の展覧会」

[期間] 4月1〜15日
[会場] コーヒーショップコマクサ(ひたちなか)TEL.029(273)9695
県内の風景などをモチーフに、そこで元気に暮らす猫たちの生活を描いた水彩画のイラストや創作招き猫、木目込風人形、根付け、ポストカードなどを展示。

 

あじさい工房 谷口将海 展

[期間] 4月2日まで
[会場] きらら館(笠間)TEL.0296(72)3109
笠間焼作家の谷口による作陶展。同工房独自の技法である、紺青色に焼締めた燻銀彩焼の器を展示。

 

鴨工房のうつわ展〜鴨瑞久・鴨暁子

[期間] 3月25日〜4月7日
[会場] 回廊ギャラリー門(笠間)TEL.0296(71)1507
大小様々の角皿や小さなカップなど約250点を展示。

 

2017年 楽描きの会スケッチ展

[期間] 4月4〜16日
[会場] 市立友部図書館ギャラリー(笠間)TEL.0296(78)1200
会員がスケッチブックに書き留めた、旅先の風景画などを展示。

 

子育てをふり返って 親子絵てがみ展

[期間] 3月23日〜4月4日
[会場] 市立図書館展示コーナー(那珂)TEL.090・3451・1249 橋本
同市在住の橋本もとみの初個展。自身の子育てを振り返りながら、親子をテーマに描いた約150点の絵手紙を展示。

 

第5回現代水墨画 酒湖の会合同展

[期間] 3月26日〜4月1日
[会場] 東海ステーションギャラリー(東海)TEL.029(287)3680

 

茨城県教育友の会写真クラブ 県北支部 第23回写真展

[期間] 4月26日まで
[会場] 日立シビックセンター1階ギャラリー(鹿嶋)TEL.0294(24)7711
江尻智一、赤津良子、鈴木三千幸、生田目満男、矢吹定男、石川耕利、斉藤一男、鈴木理吉ら、会員16人の作品を展示。

 

「桜」〜絵画小作品・グループ展

[期間] 4月4〜16日
[会場] ギャラリーやまさん(鹿嶋)TEL.0299(69)0112
趣味で絵を描いている市内在住の女性12人による油絵30点を展示。

 

佐藤喜一 絞り染展

[期間] 3月25日まで
[会場] ギャラリー加古(水戸)TEL.029(255)6005
柿渋と藍染めを組み合わせ、模様を絞りで表現した衝(つい)立、のれん、タペストリー、装飾品などを展示。

 

ロンポアン 春の装い

[期間] 4月4日まで
[会場] ヒルズギャラリー・アトリエ・ラヴィサントゥ(水戸)TEL.029(232)8077
日本とヨーロッパの生地を大胆に組み合わせたHIROMI SATOのバッグやストールなどを展示。

 

ふくろうと猫展

[期間] 3月26日まで
[会場] 偕楽園公園センター(水戸)TEL.090・8859・1228 羽鳥
手びねり陶芸あほう窯主宰の羽鳥定子が、フクロウをモチーフにしたランプシェードや香炉、オブジェの他、猫をモチーフにした香炉や多肉植物を入れた猫鉢カバー、お地蔵様など120点を展示。

 

陶と磁の二人展

[期間] 3月26日まで
[会場] 桃花堂(水戸)TEL.029(227)3080
平厚志の粉引の皿、湯のみ、鉢、花入れなどの器や、赤堀友美の磁器のマッチ箱や器などを展示。

 

第3回 グループ「季」絵画展

[期間] 3月23日まで
[会場] アートスペースナカタニ(ひたちなか)TEL.029(275)0133
庄司智子、服部和子、中谷妙子、柏崎三音子が制作した油彩画を中心に展示。

 

工藤真人の桃山三陶

[期間] 4月2日まで
[会場] かつら陶芸(笠間)TEL.0296(72)6688
ひたちなか市で作陶する工藤の織部、志野、黄瀬を中心とした花器や皿、鉢などの他、唐津の作品も併せて約200点を展示。

 

荒田朋美 Art Jewelry展─Tide Pool

[期間] 3月26日まで
[会場] UTSU工房 Nobu's ギャラリー&Cafe(笠間)TEL.0296(71)1035
地元のアートジュエリー作家・荒田が独自の七宝技術で作り上げたリング、ネックレス、ピアス、ブローチなど約70点を展示。

 

写真 それぞれの眼差しから vol.4 Film120/第23回墨・KOKORO展

[期間] 3月25日まで
[会場] 東海ステーションギャラリー(東海)TEL.029(287)3680

 

高萩写友会 写真展

[期間] 3月30日まで
[会場] 高萩やすんでっ亭内ギャラリーまちなか(高萩)TEL.0293(22)2720

 

菊池洋子 リボン刺しゅう&キルト展

[期間] 3月26日まで
[会場] 常陽史料館アートスポット(ひたちなか)TEL.029(228)1781
常陸太田市在住のキルト作家・菊池が、四季の花々を表現した作品など約100点を展示。