茨城朝日媒体案内

広告出稿の案内

朝日新聞購読申し込み

地域の話題

小美玉・星野源さんらが吹き替えの人形アニメ映画上映

シンガーソングライターの星野源さんらが主人公の吹き替えを担当した人形アニメ映画「ちえりとチェリー」が26日、小美玉市山野の空のえきそ・ら・らで上映される。同作品は、父を亡くした小学6年生の女の子・ちえりと、ちえりの友人「チェリー」の空想と現実の狭間で起きる冒険と成長の物語。

東北震災復興支援イベント「ちえりとチェリー祭」として午前10時30分、午後1、3時に上映され、「チェブラーシカ 動物園へ行く」も同時上映。各回先着50人。500円。チェブラーシカとの写真撮影も。収益の一部は東日本大震災義援金に。TEL.03(6427)8112 実行委員会

笠間・座敷ギャラリー最後の展示会
アフリカなどの少数民族の珍しい衣装展を開催

アフリカやインド、中国などの少数民族の衣装や道具類を展示した企画展が、笠間市下市毛の上州屋座敷ギャラリーで開かれている。元旅館を活用した同ギャラリーの客間や廊下には、約40点の民族衣装や敷物、木の扉や椅子、盾や面などが展示されている。なお、同ギャラリーは今展終了をもって閉廊となる。

展示品は、全てが東京のギャラリー「アートスペース繭」のオーナー・梅田美知子さんのコレクション。座敷ギャラリーの事務局を務めている笠間市地域おこし協力隊の友田修さんが、知人の梅田さんの協力を受けて開催しており、今回で3回目となる。友田さんによると、3回の開催で梅田さんの全コレクションを紹介できたという。

「今回展示しているアフリカの衣装が、梅田さんが民族衣装を集めるきっかけになったそうです。珍しい模様や柄など、布に興味のある方にはとても面白いものだと思います」と友田さん。約1年半の活動については、日本旅館らしさを生かした展示ができ、来場者にも出展者にも喜んでもらえたと振り返る。

「作品を展示した部屋そのものが一つの作品となり、作品の中に入る感覚で鑑賞するというユニークな展示ができました。今回で最後なので、空間に後押しされた展示会を味わって欲しい」と話す。
同展は26日まで。午前11時〜午後6時30分営業。22日は休廊。TEL.080・1133・7092 友田さん

日立・私たちのアートで観光客をおもてなし
女性4人組の「O.S.S」が桜まつりに合わせて
オブジェを展示

日立市で来月開催される日立さくらまつりに訪れる観光客をアートでもてなそうと、市内の女性4人からなる「アーティストチームO.S.S」(代表・大森知子さん)が、竹や生花などを使ったオブジェの制作に励んでいる。同チームのこの取り組みは、東日本大震災の翌年12年にスタートし、今年で6回目となる。

「あの地震の時に何もできなかったのが悔しくて。私たちのような一般の主婦もできることをやろうよ」という大森さんの呼び掛けに集まったのが、白石知子さん、水庭美恵さん、木内和江さんのエネルギッシュな50代3人。

竹を使って作品を作る4人。左から大森さん、白石さん、水庭さん、木内さん

メンバーはみな仕事を持ち、オブジェ作りは素人だが、長い華道歴を持つ大森さんを始め、それぞれがデコパージュやシャドーボックス作りを教えているなど素養は十分。アイデアと技術を出し合いながら、今年のテーマである「波」のオブジェの制作を進めている。

制作開始から既に半年。細く割った竹を編んで波を、シダ科の植物・タニワタリで海底に漂う海草を、バイカウツギで潮の流れを作り、日立の力強い海を表現したいと、迫る会期を前に奮闘している。

「これからも体力の続く限り、回を重ねたい。チームの創造力や作品のクオリティーを上げて、『あのおばさんたちにやってもらおう』とオブジェ作りの注文がくるようになるのが夢」と笑う4人だ。

同チームの創作オブジェ展「海景とアートのコラボ」は、4月6〜11日に日立駅情報交流プラザ・展望イベントホールで開催。同プラザから一望できる太平洋をバックに作品を展示する。観覧無料。

小美玉・24〜26日に茨城空港で開港7周年記念イベント

開港7周年を迎えた茨城空港で24〜26日、同空港から就航している都市の郷土芸能や物産などを紹介する「茨城空港フェスタ2017」が開かれる。同空港では、26日から札幌便の増便や那覇直行便が運航されることとなり、更なる利用促進をアピールする。

磯山純さん
ねば〜る君

イベントは、旅客ターミナルビル=写真=が会場となる。1階ロビーでは、午前9時〜午後6時に抽選会を行う。抽選会の景品は往復航空券や宿泊券などがあり、空港ビルと近隣の「空のえきそ・ら・ら」で1000円の買い物ごとに参加できる。午前10時〜午後5時には北海道、沖縄、中国の特産品の販売も行う。

2階送迎デッキの特設ステージでは、26日午前10時〜午後3時にスカイレディ千歳、ミス沖縄による観光PRや「よさこいソーラン」「沖縄エイサー」などの伝統芸能、本県出身のシンガーソングライター・磯山純さんらのステージが楽しめる。「ねば〜る君」が1日空港長に任命され、トークショーや記念撮影会(10時15分、11時30分、2時45分の3回)も開かれる。入場無料。

問い合わせはTEL.029(301)2761 茨城空港利用促進等協議会(平日午前8時30分〜午後5時15分)へ。

水戸・第16回 大好き いばらき ふれあいまつり〜
さくら咲く みんなで三の丸へGO!

「第16回 大好き いばらき ふれあいまつり〜さくら咲く みんなで三の丸へGO!」が、4月8日午前10時〜午後4時30分に水戸市三の丸の県三の丸庁舎特設会場などで開かれる。

イベントでは、桜が咲く三の丸周辺の史跡を巡るウオーキングや商店街を回るスタンプラリーを始め、バザーやご当地グルメ、水戸ホーリーホック選手とのシュートゲームなどが楽しめる。ステージでは、水戸工業高校ジャズバンド部や大洗高校マーチングバンド部、三の丸小学校吹奏楽部が日頃の練習の成果を披露する。入場無料。荒天時は9日に延期。

同舎広場と隣の県立図書館前では、同日午前10時〜午後3時に「第3回 SAKURA ミーティング〜知るほど楽しい地域活動」も開催される。県北ジオパーク推進協議会など6団体が、石絵作りや竹の打楽器作りなどのワークショップを開く。無料。

家族連れや学生など大勢の人でにぎわう会場(昨年)

「ふれあいまつり」の問い合わせはTEL.029(224)8120 大好き いばらき 県民会議、「SAKURA―」はTEL.029・302・2160 交流サルーンいばらきへ。