茨城朝日媒体案内

広告出稿の案内

朝日新聞購読申し込み

ぐるり歩(ポ)

創作料理の店 小倉屋食堂

とり天サラダ添え…750円

春を探しに常陸太田市へ足を伸ばし、そこで見つけたのが、春ならぬ創作料理の店「小倉屋食堂」。同店の3代目店主の田仲昭一さん(50)は、普通の定食では飽きてしまうだろうと、「諸国漫遊」と題し、各都道府県の名物などからヒントを得た創作料理を提供している。月替わりで全国を巡り、もう8年目となるそうだ。

3月は「大分」とのことで、その創作料理「とり天 サラダ添え」(750円)を食べてみた。鶏肉を天ぷらの衣で揚げた「とり天」は、軟らかくてボリュームたっぷり。ポン酢と辛子が合う和テイストだ。みずみずしく香り高いルッコラやカラシナたっぷりのサラダと共に食べる。まさに春を味わう一皿だ。野菜は近所の栗原農園やベジファーム石川から仕入れ、米も地元のコシヒカリを使っている。

同メニューは31日まで。4月からは「福島」の創作料理に。

 

小倉屋食堂
[TEL] 0294(76)2035
[住所] 常陸太田市高柿町331-4
[営業時間] 11:30〜14:00/17:00〜20:00
[休日] 日曜・祝日
[席数] テーブル20席、8畳の和室1部屋、6畳の和室が2部屋
[予約] 可 [駐車場] 3台

★この記事は2017年3月22日付茨城朝日に掲載されたものです。料金の変動等や移転など、お確かめの上お出かけ下さい。